-shared-img-thumb-MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V 楽しくと楽(らく)は同じ漢字ですが、意味が違います。  

 

楽しくはモノゴト全てに当てはまりますが 楽(らく)は、

その時の一時的な感情のみです。

  楽(らく)をする事はできますが

それが出来るには必要な壁が出てきます。  

 

 

楽(らく)をするために超えなければならない壁

楽をしたい、楽になりたいと誰しも思いますが。  

それは、私も思います!

 

 

同じ事を繰り返すのであれば、楽はしたいです。

 

 

ヒントが出ましたが、お分かりですか?

 

 

楽をするための条件は同じ事を繰り返す

という場合になります。

 

毎日の勉強や仕事もそうですが 生きているうえで、

無意識にしていることが、ありますよね?

 

当然、繰り返すためには 慣れるという作業が

必要になってきます。

 

 

意識せずに、身体が勝手にやってくれるまで、

習慣化しないといけません。

 

これを、無意識の習慣化と呼んでいます。

 

その領域になれば、もう楽はできるはずです。  

呼吸は、無意識でしていますよね?

 

 

ただ、楽になると出てくる問題があります。

 

 

それは・・・  飽きるです。

 

 

同じ作業の繰り返しで、飽きた事はありませんか?

スポンサーリンク

 

延々と同じ事を繰り返す苦痛を 感じた事はありませんか?

 

 

慣れることにより、 集中力が持たなくなってしまいます。

 

楽をしたいがために、 集中力が切れては意味がありません。

 

楽をするために、続けるという意味で

楽しく続けるという方法があります。  

 

楽しく続ける

楽しくとは、最初から最後まで

モノゴトの過程を楽しむ事にあります。

 

楽しければ、ずっと続ける事ができますよね?

 

個人的にゲームの話になってしまいますが

面白いと思えば、ずっと遊び続ける自信があります!!

 

逆に、レベル上げは楽しいと思うより

作業になり、飽きます

 

ソロプレイの場合は黙々と作業ゲームになりますが

何か目標があれば、集中して出来ることが判りました。

(今日は○○レベルまで上げるぞ!など)

 

パーティープレイの場合は、友人たちとチャットやskypで

会話しながらできるので身体は作業、

頭は会話と分離させて長時間続けることができました。

 

 

楽しく続けるということは、

楽しいと感じなければ出来ません。

 

 

まとめ

・楽をするためには、無意識で身体ができる

習慣化が必要である。(個人的感想)

 

・楽をするためには、

飽きない目標を見つける事も大事。(個人的感想)  

 

・楽しくするためには、

目標を決める事が大事。(個人的感想)  

 

・楽しく続けるためには、

同じ目標を持つ仲間がいると続けられる。(個人的感想)  

 

 

楽(らく)もいいのですが、

楽しく続けられる事を考えてみてはいかがですか?  

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。  

<

スポンサーリンク
>

<

スポンサーリンク
>